2012-08-16

わたしと小鳥とすずと

今、金子みすゞの詩がどうも心に引っかかり書いてみました。

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面をはやく走れない。
わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あのなるすずはわたしのように
たくさんなうたはしらないよ。
すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。


解釈は色々あろうが、今の僕が感じたことは、

“登り方は色々あるんだな”


何かが動きそうで動かなそうな、そんな最近です。


0 件のコメント:

コメントを投稿