2010-09-10

最近

NYは秋に向かっています、というか今日は急に肌寒くなりました。

ご無沙汰してます。

ずいぶんとブログをさぼり、先程帰りのバスの中で何かを書こうと思い立ち今PCの前に座り書き始めたものの、さて何を書こうか。

実は最近僕の中でBIGな出来事があったんです。結果からというと、、吉ではなく凶でした、、、、、。もしかしたら人生を左右するかもしれない事だったんですが結果は凶。。でもなぜかいうほど落ち込んでもないのでご安心あれ。って誰も心配しないでしょうけど。それが吉に変わる事を願って!!
しかし実際は来週から、僕の本分ともいえるカレッジの勉強、次のコンサートの準備、日本語教師とやる事盛りだくさんですからもう次に向かって発進中です。

話は変わります。

次の僕のコンサートで実は初めて自分で曲を作ってみました。薄い脳みそと、薄い感性を必死に働かせ約一カ月程で18分程の曲を完成させました。龍笛のためだけの曲です。3,4年程前の自分には考えられない事をしたと自分でも驚いています。追い込まれたら人間できるものだ。。今回は雅楽というものには全くこだわらず、ただただ龍笛という竹の楽器と人間の体の動きで一つの作品をつくりあげようとしています。

もちろん龍笛の音を最大限に生かされなければなりません。それとともに人間の体の動きも最大限に生かせなければなりません。お互いが十分に特性を発揮できるように練り上げていきたいと思っています。

NYに来て約一年になります。今思うと大きく自分の龍笛に対する考え方がずいぶんと変わってきたなと思います。色んなものに触発されたい自分と触発されたくない自分がいて、客観的に自分を見るとなんとも滑稽な二人が存在している事にときどき気付きます。そして龍笛に対する考え方でここだけは揺らぐまいと思ってた事でさえ、回りの斬新な芸術に触発され揺らいできます。でも自分の考えを破壊して破壊して、その中から自然と出てくる考え方というか、思いが実はほんまもんだったりするんだろうなとも思います。

さて明日に備えシャワー浴びて寝ます。

0 件のコメント:

コメントを投稿