2009-08-06


僕の部屋の机は窓向きに置いてあって、いつも外が見え、昨晩いつものように机に向かって本を読んでいると、たまたま奇麗な月が目に入ったので写真に収めてみました。

100年、200年、いや300年、500年前の笛吹きは、きっとこんな月を眺めながら笛を奏でていたに違いありません。

今のように雅楽を譜面通り吹くのではなく、自由に、自由に、、

伝統というものは、壊しながら受け継がなければならない。

ふとこんな事を思った。


0 件のコメント:

コメントを投稿